雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 広報「酪総研」 時の話題

酪農総合研究所

広報「酪総研」

時の話題

No.22 平成28年度酪総研シンポジウム酪 農 現 場 の“カ イ ゼ ン”を 考 え る−酪農現場で発生するロスとその対策−雪印種苗株式会社 営業本部 トータルサポート室 主事 佐藤 尚親 氏 / 北海道農業共済組合連合会 家畜部長 廣田 和久 氏 / 公益社団法人 北海道酪農検定検査協会 専務理事 熊野 康隆 氏

 雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2017年2月2日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考える −酪農現場で発生するロスとその対策−」を開催し、約260名の酪農生産者および関係者の方々にご出席いただきました。その内容を下記の通りご報告いたします。

1. 主催者挨拶
    雪印メグミルク株式会社 常務執行役員 酪農総合研究所長 池浦 靖夫

2. 講 演
1)「自給飼料生産利用における損失(ロス)の低減」
    雪印種苗株式会社 営業本部 トータルサポート室 主事 佐藤 尚親 氏
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)
  

2)「乳牛における事故発生状況とその対策」
    公益社団法人 北海道農業共済組合連合会 家畜部長 廣田 和久 氏
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)

3)「生乳生産のロス低減=安全でおいしい牛乳・乳製品〜ベストパフォーマンスの発揮を〜」
    公益社団法人 北海道酪農検定検査協会 専務理事 熊野 康隆 氏
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)

3. 意見交換
   座長  雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所 担当部長 松田  徹
        雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所 リーダー 柳瀬 兼久