雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 広報「酪総研」 時の話題

酪農総合研究所

広報「酪総研」

時の話題

No.19 平成25年度酪総研シンポジウム 「国産飼料を最大限に活かした酪農の再構築−II−地域の取り組み事例と課題−」 雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所 所長  田中 二三男 千葉県香取市 株式会社長嶋 代表取締役  長嶋 透 北海道大樹町 有限会社太田牧場 代表取締役  太田 福司 JA道東あさひ 営農センター長  小島 友喜

 雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2014年1月31日、酪総研シンポジウム「国産飼料を最大限に活かした酪農の再構築−Ⅱ−地域の取り組み事例と課題−」を開催し、約300名の酪農生産者および関係者の方々に出席いただきました。
 その内容を広報『酪総研』で下記の通りご報告いたします。

1. 主催者挨拶
 雪印メグミルク株式会社 代表取締役社長 中野 吉晴

2. 講演
1)「酪農総合研究所の自給飼料生産拡大の取り組みについて」
  雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所 所長 田中 二三男
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)

2)「牛乳の価値−インスピレーションその後−」
  千葉県香取市 株式会社長嶋 代表取締役 長嶋 透
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)

3)「『土』『草』『堆肥』作り」
  北海道大樹町 有限会社太田牧場 代表取締役 太田 福司
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)

4)「JAにおける植生改善の取り組みについて」
  JA道東あさひ 営農センター長 小島 友喜
  ①講演要旨
  ②パワーポイント資料(PDF)

3. 総合討議
 座長 雪印種苗株式会社 取締役 研究開発本部長 高山 光男