雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 広報「酪総研」 時の話題

酪農総合研究所

広報「酪総研」

時の話題

No.3 酪総研創立30周年記念シンポジウム「日本酪農の基盤を考える」(要旨) 東京大学大学院 教授 生源寺 眞一  社団法人中央酪農会議 事務局長 前田 浩史  浜中町農業協同組合 代表理事組合長 石橋 榮紀

雪印乳業(株)酪農総合研究所は2006年2月13日、酪総研創立30周年記念シンポジウム「日本酪農の基盤を考える」を開催し、全国から270名の酪農家・酪農関係者に参加いただきました。今回はシンポジウムの講演・報告内容(要旨)を紹介します。

基調講演 「深まる国際化と近未来の日本酪農」 東京大学大学院 教授 生源寺 眞一

第1報告 「価値競争に対応した生乳の生産・流通」 社団法人中央酪農会議 事務局長 前田 浩史

第2報告 「酪農産業における人材確保の課題」 浜中町農業協同組合 代表理事組合長 石橋 榮紀

開会挨拶を行う雪印乳業(株)高野瀬社長