雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

酪農総合研究所 私たちは、酪農に関する調査研究を通じて、酪農の発展と酪農家の経営安定に寄与することを目的としています。

機関誌

平成7年

年月日 No. タイトル 所属・役職員名 氏名
7.1.1
新年号
182 (主張)UR協定後の酪農政策 酪農総合研究所所長 天間 征
干支(えと)にちなんで
(ワンポイントアドバイス)放牧を見直そう,よみがえる低コスト酪農 帯広畜産大学助教授 岡本 明治
ガット時代の米日農業貿易−北海道との関連− 札幌アメリカンセンター館長 マーク・ディビットソン
講演会のお知らせ
(酪農の妻たち)シリーズを読み終えて 北海道長沼町酪農家 向 栄子
地球温暖化と異常気象 札幌管区気象台予報官 若原 勝二
牛はモー,モーとなきます−搾乳ロボットの実用化にむけて− 帯広畜産大学教授 新出 陽三
(世界の窓)EU酪農への影響−ウルグアイ・ラウンド合意− 農政調査委員会海外調査部長 佐々木敏夫
7.2.1 183 使う側から堆きゅう肥の現状を見てみると 熊本県農業研究センター土壌肥料部長 久保 研一
(ワンポイントアドバイス)税申告,節税のポイントはどこにあるか 静岡県富士開拓農業協同組合総務部長 永井 治利
(酪農いま,あした)酪農の明日を信じて 長野県伊那市酪農家農林水産省 宮本 初恵
(アンテナ)生産性の向上と環境保全とは両立するか 北海道農業試験場農地農業施設研究室長 干場 信司
日本飼養標準(乳牛)の改訂について 農林水産省畜産試験場栄養第1研究室長 柴田 正貴
(世界の窓)最近の米国酪農事情 酪農肉牛塾塾長 高野 信雄
7.3.1 184 国際化を意識した取りくみを 農業総合研究所関連産業研究室長 吉田 泰治
(ワンポイントアドバイス)ふん尿スラリーの有効利用技術 帯広畜産大学教授 高畑 英彦
(新規参入酪農)自分一代の酪農でよい−小林伸行さん−
20年の生乳・飲用乳の地域間輸送量予測 北海道大学教授 井 時久
(世界の窓)イスラエルの酪農 久芳マーケティング研究所 久芳 二郎
7.4.1 185 酪農雑感−農政と技術のバランスを− 北海道大学名誉教授 石塚 喜明
(アンテナ)データ・キャリア・システムで個体識別管理 農林水産省北海道農業試験場畜産部長 伊藤 稔
酪総研酪農講演会要旨(その1)「21世紀北海道酪農の生きる道」 農林水産省畜産局乳製品調整官 木下 良智
(新規参入酪農)「最後まで夢を捨てない」が農場自営の道−鈴木弘行さん−
(随想)空を見上げる 俳優 石原 良純
(時の話題)乳房炎防除への新しい免疫学的アプローチ 農林水産省家畜衛生試験場生理活性物質研究室長 横溝 祐一
(世界の窓)イギリスの新しい生乳取引制度 東京大学助教授 生源寺眞一
7.5.1 186 UR対応のこれからの酪農経営のポイント 酪農学園大学教授 今岡 久人
(アンテナ)規模拡大志向酪農家の心得 酪農総合研究所所長 天間 征
(新規参入酪農)酪農はまだまだやれる−奥村昭夫さん−
酪総研酪農講演会要旨(その2)「21世紀北海道酪農の生きる道」 農林水産省畜産局乳製品調整官 木下 良智
新しい搾乳制御法への挑戦 農林水産省畜産試験場施設利用研究室長 加茂 幹男
(ワンポイントアドバイス)建築・土木資材で牛舎まわりの泥ねい化を防ぐ 農林水産省北海道農業試験場主任研究官 佐藤 義和
(世界の窓)生乳の需給調整と「市場」の捉え方 鳥取大学教授 永木 正和
7.6.1 187 乳製品:UR合意への経緯と意義 畜産振興事業団乳業部長 滝沢 喜造
(新規参入酪農)My heart in the country−藤具久夫さん−
酪総研酪農講演会要旨(その3)「21世紀北海道酪農の生きる道」 中央畜産会常務理事 香川 荘一
(アンテナ)知っておきたい平成7年度補助事業 酪農総合研究所所長 天間 征
ドイツにおける家畜ふん尿処理・利用研究の現状 農林水産省農業研究センタープロジェクト研究第6チーム長 原田 靖生
(世界の窓)イスラエル酪農の生産性 デーリィ・ジャパン社編集部長 米山 雅美
7.7.1 188 (主張)ナチュラルチーズ国産化をめぐる論議 酪農総合研究所所長 天間 征
(ワンポイントアドバイス)放牧後の草丈から放牧方法を見直す 帯広畜産大学助手 花田 正明
(新規参入酪農)無一文で新規参入を果たす−河野賢司さん−
農業生態系における硝酸態窒素の罪と効用 酪農総合研究所上級研究員 志賀 一一
酪総研酪農講演会要旨(その4)「21世紀北海道酪農の生きる道」 中央畜産会常務理事 香川 荘一
講演およびパネルディスカッション
(世界の窓)米国の乳価制度における「政治の失敗」 帯広畜産大学教授 佐々木市夫
7.8.1 189 世界的規模での産地間競争 江戸川女子短期大学教授 宮島 千秋
(ワンポイントアドバイス)最近出回り始めた牧草の新品種 農林水産省草地試験場育種第1研究室長 杉田 紳一
(新規参入酪農)新規参入者よ農業哲学をもって来たれ−松川美雄さん−
農産物自由化に想う 酪農総合研究所主席研究員 並木 健二
(Q&A)初産牛の繁殖と周産期疾病の対応 北海道宗谷中部地区農業改良普及センター 菊地 実
(世界の窓)競争力を強めるニュージーランド酪農 酪農コンサルタント 佐藤 正三
7.9.1 190 農業「61年体制」の崩壊 デーリィマン社社長 岩船 修
(ワンポイントアドバイス)わが国の草地,牧草には微量要素が不足しているのか 農林水産省草地試験場土壌肥料第2研究室長 畠中 哲哉
(新規参入酪農)ヨーロッパ農場主の誇りを自らの牧場で−西塚勉さん−
(酪総研調査研究報告)平成6年度酪農経営診断分析結果から 酪農総合研究所第1研究部次長 中村 英雄
(読者からの便り)変貌し拡大を続けるオセアニア 雪印乳業(株)オセアニア事務所所長 壇辻 雅博
(世界の窓)「最近の米国畜産の2つのトピックス」フィードスタッフ誌より
7.10.1 191 濃厚飼料給与量と乳量の関係 酪農総合研究所顧問 中瀬 信三
(新規参入酪農)遊びたいからこそ仕事に励む−海野泰彦さん−
酪農主産地をめぐって思うこと 酪農総合研究所研究部課長 辻 和彦
山地酪農経営からみる今後の農政 酪農総合研究所研究員 畠山 尚史
(世界の窓)EUにおける集乳の寡占化 雪印乳業(株)ヨーロッパ事務所長 八巻 義徳
7.11.1 192 WTO体制下のデンマーク酪農の市場戦略 酪農学園大学教授 中原 准一
(新規参入酪農)われ世俗の道を歩まず−西野日出男さん−
動物検疫をめぐって 酪農総合研究所研究部次長 菊池 守也
(アンテナ)家畜ふん尿加工の将来方向について 農林水産省草地試験場環境部土壌肥料第2研究室長 畠中 哲哉
(世界の窓)苦悩するデンマーク酪農 酪農総合研究所主席研究員 並木 健二
7.12.1 193 フランスにおける家畜ふん尿処理・利用について 農林水産省畜産試験場廃棄物資源化研究室長 羽賀 清典
(ワンポイントアドバイス)微生物制御による高品質サイレージ調製 農林水産省草地試験場調整貯蔵研究室長 小川 増弘
(新規参入酪農)幸運の出会いを成功の糧に−田中滋久さん−
WTO体制下のデンマーク酪農の市場戦略(つづき) 酪農学園大学教授 中原 准一
(アンテナ)ウシの体外受精技術 雪印乳業(株)受精卵移植研究所研究員 長尾 慶和
(世界の窓)韓国酪農の現状と展望 嶺南大学(韓国)教授 趙 錫辰