雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 酪農総合研究所の概要

酪農総合研究所

酪農総合研究所の概要



1.名称 雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所(酪総研)
2.所在地 北海道:〒065-0043 札幌市東区苗穂町6丁目1番1号
     TEL 011-704-2131 Fax 011-704-2417
東 京:〒160-8575 新宿区本塩町13番地
     TEL 03-3226-2122 Fax 03-3226-2303
3.基本方針と
  基本姿勢
酪農産業に関る幅広い分野の科学的・実践的調査研究とその成果の普及を通して、わが国酪農の発展と食糧の安定的需給に寄与してまいります。
公共性・独立性の高い調査研究活動を実施することを基本姿勢といたします。
4.主な活動 ○調査研究課題
  ・酪農生産に間接的に関係するもの
   (1)わが国の酪農政策に関する調査研究
   (2)わが国の生乳及び牛乳・乳製品の需給と消費に関する調査研究
   ・酪農生産に直接関係するもの
   (3)酪農経営の安定的向上に関する調査研究
   (4)国産飼料の生産強化と有効利用に関する調査研究
   (5)乳牛飼養管理の向上に関する調査研究
○酪農サポート
   (1)研究成果の普及・推進
   (2)経営サポート(経営改善・自給飼料生産・乳牛飼養管理等)
○広報活動
   (1)出版・HP運営・講演・シンポジウム等の開催
   (2)酪農と乳の歴史館の活用
5.沿革
昭和51年 (1976年)   雪印乳業(株)の創立50周年記念事業として、(株)酪農総合研究所を設立
昭和61年 (1986年)   創立10周年記念講演会「日本酪農をどうするか」
平成7年 (1995年)   創立20周年記念シンポジウム
「UR後における世界の酪農・乳業の変化見通しとわが国の対応」
平成17年 (2005年)   雪印乳業鰍フ機能・組織の見直しに伴い、社内研究所となる
平成21年 (2009年)   日本ミルクコミュニティ(株)と雪印乳業(株)の経営統合により、設立された雪印メグミルク(株)の社内研究所となる
※歴代所長
昭和51年〜62年   大原 久友 (故 元帯広畜産大学学長)
昭和63年〜平成4年   崎浦 誠治 (故 元北海道大学名誉教授)
平成5年〜12年   天間 征 (故 元北海道大学名誉教授)
平成13年〜17年   久保 嘉治 (元帯広畜産大学学長)
平成17年〜19年   土井 時久 (元岩手県立大学教授)
平成20年〜21年   川成 眞美 (雪印乳業株式会社専務取締役兼務)
平成21年〜23年   内藤 博 (雪印メグミルク株式会社取締役常務執行役員兼務)
平成23年〜26年   田中 二三男 (雪印メグミルク株式会社取締役常務執行役員兼務)
平成26年〜27年   壇辻 雅博 (元雪印メグミルク株式会社執行役員酪農部長)
平成27年〜   池浦 靖夫 (雪印メグミルク株式会社取締役常務執行役員兼務)