雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 平成28年度酪総研シンポジウム開催のご案内

酪農総合研究所

雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所
所長 池浦 靖夫
 

平成28年度酪総研シンポジウム開催のご案内

 拝啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。
 平素は、当研究所の事業推進に対しまして格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、当研究所では酪農・乳業をめぐる諸問題をテーマに取り上げ、皆様と情報の共有化を図るとともに、私共の研究内容および諸活動を少しでも多くの方々に理解を深めて頂き、その普及を図ることを目的として、酪総研シンポジウムを開催させて頂いております。
  つきましては、ご多忙中とは存じますが、是非ご参加頂きたくご案内申し上げます。

敬具

1.テーマ

  「酪農現場の“カイゼン”を考える」
−酪農現場で発生するロスとその対策−

2.目的  近年、酪農家の高齢化や担い手不足、規模拡大による加重労働の顕在化などを背景に我が国酪農を取り巻く環境は厳しさを増している。また、大筋合意に至ったTPP協定は国内審議が進みつつあるも他国の進捗は見通せない状況にある。加えて規制改革会議 農業ワーキング・グループは指定生乳生産者団体制度に改革を求めており、酪農乳業界は国内外を問わず不安感・不透明感がより拡大している。
  このような状況下、農林水産省は乳用牛の更なる生産性向上を図る目的に、平成26年度より「乳用牛ベストパフォーマンス実現会議」を開催し、乳用牛の増頭に向けた取組みとともに泌乳能力や繁殖成績を最大限に発揮させようとしている。酪農現場においてもその主旨に従い、それぞれの酪農経営が持つ資源や機能を最大限に発揮させるための努力は引き続き行なっていく必要がある。
  今回のシンポジウムは「酪農現場の“カイゼン”を考える」をテーマに、自給飼料生産とその利用における損失(ロス)の低減について、酪農現場における乳用牛事故の発生状況とその対策について、生乳生産を阻害している要因とその対策について、講師の先生方にそれぞれのご専門の立場からご講演をいただき、会場の参加者と意見交換を通じて、今後の我が国酪農の可能性を探る場としたい。
3.開催日時 平成29年2月2日(木)13:00〜17:00
4.開催場所 第二水産ビル8階大会議室(札幌市中央区北3条西7丁目)
5.内容
第1講演 「自給飼料生産利用における損失(ロス)の低減」
雪印種苗株式会社
                 営業本部 トータルサポート室
主事 佐藤 尚親 氏
第2講演 「乳牛における事故発生状況とその対策」
北海道農業共済組合連合会
家畜部長 廣田 和久 氏
第3講演 「生乳生産のロス低減=安全でおいしい牛乳・乳製品
               〜ベストパフォーマンスの発揮を〜」
公益社団法人 北海道酪農検定検査協会
専務理事 熊野 康隆 氏
6.意見交換 (質疑応答) 
7.参加費 無料
8.申込方法 参加ご希望の方はこちらの参加申込書をご利用頂き、FAXでお申込み下さい。
なお、誠に申し訳ございませんが、定員になり次第締め切りとさせて頂く場合がございますので、お早めにお申込み下さい。
  ご不明な点は下記までお問い合わせ下さい。
(電話 011-704-2131)
(FAX 011-704-2417)